新着情報

大内通信 Hospital communication

2016/10/09

実習の様子を紹介します

こんにちは。
大内病院リハビリテーション部です。
今年度も、兵庫県西宮市にある平成リハビリテーション専門学校の作業療法士学生さんが、当院で臨床実習に取り組んでいます。
「なぜあの患者様はリハビリの時間に○○をしているのですか?」
「患者様との距離感が難しい・・」
「評価から治療計画立案から治療実施の“いろは”とは」など、様々な疾患を抱える患者様と正面から向き合い、そこから得たたくさんの疑問や悩みを、担当バイザーと一緒にひとつひとつ解決し、学校の勉強だけでは学べない貴重な体験をされています。
臨床実習は学校で得た知識を、実際の対象患者様の抱える問題解決に結びつけるために行なうものです。
最初は浅くしかできない考察も、バイザーの指導を受けながら、実習期間を過ごすうちにだんだん深くできるようになります。そして辛くも楽しい実習の終わりには、どの学生さんもひと回りもふた回りも大きく成長され“卒業”してゆかれます。
一緒に頑張りましょう!

oouchi