入院

精神科病棟 Psychiatric ward

精神科病棟とは

精神科病棟 亜急性期閉鎖

亜急性期閉鎖病棟は2階は男性患者さん、3階は女性患者さんと階ごとに男女が分かれています。処遇の再調整が必要な患者さんの入院受け入れや、急性期治療を終えた患者さんが症状の安定を目指し、病院内外で落ち着いて生活を送るための援助を主に行っています。多種多様な疾患の患者さんの入院生活に対応しているため、個別性を重視した作業療法、地域社会生活への早期順応を意識した退院支援に、多職種連携して取り組んでいます。

精神科病棟 精神慢性期閉鎖

患者様の社会復帰に向けて、一人一人の状態や個別性に合わせた援助を多職種で連携しながら実施しております。病気や治療に対しての理解を深めていただき疾病自己管理能力を高めていただけることを目標に集団でのリハビリテーションプログラムを実施しております。また、退院後の生活を見据えた援助を実践しております。
男女混合の閉鎖病棟です。精神症状は概ね落ち着いているものの、入院が長期化している患者さんに対して薬物療法、生活療法と共に、多職種や外部機関と連携を図りながら退院に向けた取り組みを行っています。

精神科病棟 精神科慢性期開放

男女混合の開放病棟です。入院形態は全て任意入院の方で、基本的に単独で外出・外泊を行っています。病棟では地域と連携を図り、長期在院患者さんの退院支援に積極的に取り組んでいます。また、他病棟から、症状固定し欠陥状態があるものの社会復帰を目標とされる方々が、社会復帰に必要な事柄を学習しトレーニングをする病棟です。在宅へ向けての支援として退院前訪問看護も行っています。自立を目標として、出来ないことは何かを見極めステップアップしていきます。その過程の中で、自信・価値観を見出す糧となるよう支援しています。

病棟の特長

リハビリに専念できる環境
高度急性期病院での治療が終わったもののすぐに在宅復帰できない患者さんに対して、集中的な治療と積極的なリハビリテーションを行っています。病棟内にはリハスペースも設備されており、リハビリに専念できる環境が整えられています。
積極的な
リハビリテーション
1対1で行われる個別のリハビリテーションではそれぞれの患者さんに合わせたプログラムを提供しています。患者さんみなさんで行う集団でのリハビリテーションでは積極的に離床を促し、みなさんで一緒に行う体操やレクリエーションを主に行っています。
退院後も続くケア
在宅復帰あるいは介護施設に退院後も誤嚥性肺炎や尿路感染などで治療を要する状態となった場合、迅速に入院受け入れが出来るよう体制を整えております。

病棟スタッフ

病棟概要

精神科病棟 亜急性期閉鎖

病床数
54床
医師数
医師数 5名
看護配置基準
15:1

精神科病棟 精神慢性期閉鎖

病床数
46床(2BC)、46床(3BC)
医師数
医師数 4名(2BC)、4名(3BC)
看護配置基準
15:1(2BC)、15:1(3BC)