入院

PICU 精神科急性期治療病棟 Psychiatric acute treatment ward

PICU 精神科急性期治療病棟について

入院期間最長3ヶ月の枠組みのなかで運営されている病棟です。激しい精神科疾患に、患者さんやご家族は著しい混乱状態で来院されます。そのような状況下に対して、医師を含むスタッフが冷静に必要な情報を収集・整理・評価して計画を立て、治療・看護を提供します。

病棟の特長

急性期症状の迅速な改善と
早期社会復帰
措置入院や二次救急の受け入れも行っており、入院依頼に迅速に対応しています。入院後は急性期症状の改善に努め、病状安定後は、早期の社会復帰を目指します。今後の生活を考えた上で、その人がその人らしく生活していけるような介入を心がけています。
積極的な作業療法
ベッドサイドで行う歩行リハビリから、センターへ通所した料理や手芸を通したリハビリ。また、退院後を見据えた日中の定期的な活動習慣など幅広い目的を意図し、各患者様に合わせたリハビリを導入しています。
チーム医療の徹底
早期退院、早期社会復帰を目指しており、入院時から退院を見据え、医師・ケアワーカーらとカンファレンスを行い、退院へ向けた関わりを行っています。
プライバシーを重視した
入院生活
個人情報の取り扱いに配慮しています。
頻回な医師の診察
病棟専従医が3名居り、必要に応じて適宜、診察を行っています。
また、各Dr間での情報共有を行い、主治医不在時でも患者様の状態に合わせた迅速な対応を心がけています。
安心できる退院支援
退院後の生活をイメージした関わりを早期から実施することにより、日常生活へよりスムーズに移行できるように心がけています。
退院前には医師やケースワーカー、御家族や公的関係者など、患者様に関わる関係者を集めカンファレンスを実施し、より退院後のフォローを手厚くし、再入院の防止に努めています。
退院後のフォロー充実
当院の訪問看護やデイケアのみならず、退院先のご住所から通える範囲で、患者様のご希望に沿った社会資源の提案をさせていただいています。
また、退院後に困った時の具体的な相談先の提案などもあわせて行っています。

病棟スタッフ

病棟概要

病床数
42床
医師数
医師数 5名
看護配置基準
13:1
スタッフ
各フロアに精神福祉士を配置する