部門紹介

看護部 Nursing Department

看護部理念

病に苦しむ人とともに歩み、
心に寄り添う医療を提供します。
  1. 患者さんが一人ひとりの人間として尊重されているという実感がもてる看護を目指します。
  2. 患者さんが、その人らしい社会生活を送れるよう、専門職として主体的な看護を目指します。
  3. 地域医療の担い手として、そのニーズに応えられる看護を目指します。

1日の仕事の流れ

申し送り

連絡事項や病棟全体での確認事項を引き継ぎます。
その後患者さんの個別状態を引き継ぎ、チームリーダーと今日のケアについての確認を行います。
分からないこと、不安なことは先輩に聞いて教えてもらいます。自分の考えを伝える様にすることもしています。

病棟作業療法

入院中の患者様に対して、個別あるいは他の人たちの関わりの中で、
ご自身が主体的に体験することで、自信や希望の回復、生活のリズムの獲得を目指します。

カンファレンス

患者さんの入院中の治療、看護の方針や退院後の生活に向けたリハビリプランや
社会資源の活用についてのカンファレンスを行います。
医師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士。時には地域の福祉関係者も参加します。

同伴外出

患者さんに同伴して院内の売店へ買い物にいきます。
また患者さんの外泊や、作業所への見学に同伴することもあります。

看護記録

電子カルテが導入されています。
検査データの確認、ケアプランの評価修正等が効率的に行えます。

業務終了

残業はほとんどなく定時で業務は終了します。業務後には病院主催の研修会も開催されます。
プライベートの時間もしっかりとれます。

看護部スタッフ紹介

病棟看護副部長河原真由美

職場でのうつ病や高齢化による認知症は年々増加し、時代的な背景も踏まえ、精神疾患は5大疾患に加えられました。求められる役割やサービスのニーズは増すばかりであり、若い看護の力が最も必要とされる領域と考えています。
当院では、実習された学生さんが毎年就職しているほど、優しさ、楽しさ、やりがいのある現場が自慢の病院です。また、残業が少なく時間的な余裕を持ち、学ぶことが出来るため、心のゆとりを持ちながら成長していけます。

病棟看護師増山 貴大

大内病院はアットホームな職場環境や無理のない勤務スケジュール、また専門性を高めるための院内外研修が多々あり、充実したサポート体制の中で精神科看護師として成長が出来ます。患者さんのことだけではなく、職員のワークライフバランスも考慮された病院です。

教育・研修制度

専門性を高め、心の看護をめざして

  • 現任教育
    精神科看護にはイメージを抱きにくい人もいらっしゃるかと思います。当院では、疾患・治療・看護等についての講義や演習の機会を数多く設けております。また、入職当初の不安を解決していけるようプリセプター制を導入しています。
  • 看護研究
    看護研究の学習を通じて看護師個々の質の向上を図るとともに、当院における看護の発展を目標に、院内外で発表する機会を設けています。
  • 職場内教育
  • その他

一人ひとりのレベルに応じてじっくりと

大内病院では、一人ひとりの学びのペースに合わせて、段階的に検討、様々な院内研修を実施しています。

管理教育

役職者研修
(院外研修)

スキルアップ

中堅看護師研修
コーチング研修

卒後研修(2)

チームリーダー研究
プリセプターシップ研修、看護研究

卒後研修(1)

新規採用者研修、基礎看護技術研修
チームメンバー研修、看護診断・看護記録研修
夜勤前準備研修

プリセプター制度

プリセプター制度とは1人の新人看護師・中途採用の看護師(プリセプティ)に対してプリセプターと呼ばれる先輩看護師がマンツーマン(もしくは2名体制)で臨床実践を指導・教育する制度です。
教育・指導担当というよりは困ったことや悩んでいることをなんでも相談でき、不安や緊張を解きほぐしてくれる心強いパートナーです。